更年期障害をやっつけろ!漢方を飲んで体を楽にする

漢方が良く効く理由は?辛い更年期障害の症状を改善する

BEAUTY CareCheck

辛い更年期障害とは?

更年期障害は、40代から50代の女性に起こりやすい症状です。この症状は、この年代の女性にとってとても辛く感じます。ですから、大半の女性は更年期障害を予防したり緩和させたりする方法を知りたいでしょう。ここでは、更年期障害に効く漢方についてご紹介します。

更年期障害におすすめの漢方

no.1

ホルモンバランスを整えられるマカ

マカは男性の精力剤のイメージがあるかもしれませんが、女性にとって嬉しい作用がある植物です。その作用とは、ホルモンバランスと整える作用です。更年期障害は、ホルモンバランスが乱れたことで発症するのでマカの作用で症状を予防することができます。

no.2

漢方として知名度の高い高齢人参

高齢人参は漢方として有名な植物です。更年期障害に対して良い作用は、自律神経の乱れを改善したり、血流を良くしたりすることができます。また、ビタミンやミネラルも含んでいるので体への健康効果も期待できます。

no.3

注目の大豆イソフラボン

近年大豆イソフラボンは、さまざまなアイテムに含まれているのを見かけるようになりましたよね。この理由は、女性ホルモンと似たような働きを期待できるからです。そのため、大豆イソフラボンを摂取することで更年期障害の症状を緩和することができます。

更年期障害をやっつけろ!漢方を飲んで体を楽にする

漢方

更年期障害が起こる原因

更年期障害は、40代~50代の女性の多くに出る症状です。誰でも更年期障害が起こる可能性があり、症状が起こりだすと体にとって辛い症状が続きます。どうして起こるのかといえば、年を重ねると女性の体は生理が来なくなります。つまり閉経になるのです。この閉経前後の10年間は、ホルモンバランスが大きく乱れます。その結果、ホットフラッシュなどの更年期障害の症状が起こりだします。

ホットフラッシュが一番辛い

更年期障害の症状の中でもホットフラッシュが辛いという女性が多いです。この症状は、急に体がほてりだして汗がだらだらと出てきたり、のぼせた状態になったりします。凄く寒い日でもホットフラッシュの症状が起こることもあり、汗が止まらなくて恥ずかしい思いをするという精神的な辛さもあります。最近では、うつ状態に陥るケースもあるほど深刻な症状といえます。

毎日意識して飲むようにしよう

更年期障害は、症状を予防することも緩和させることもできます。そのためには、更年期障害の症状によく効く漢方を積極的に飲むようにしたほうがいいでしょう。本格的な漢方を飲むことは苦手な人も多いので、味を感じないサプリメントタイプをおすすめします。通販で簡単に購入できるので、更年期障害で悩んでいるのならぜひ一度試してみてください。

広告募集中